あきた海外展開支援ネットワーク

県内支援機関の連携により海外展開を目指す企業を支援します。

設立概要:

国内の人口減少に伴い国内市場縮小が懸念される中、生き残りをかけて、海外に活路を求め、市場開拓や、販売・生産の現地拠点設置に取り組む県内企業が徐々に増えてきました。

こうした企業への支援を強化するため、海外展開を支援する各機関が連携し、平成26年1月「あきた海外展開支援ネットワーク」が設立されました。

本ネットワークの構成は、貿易支援機関、金融機関、商工団体などからなる12の県内支援機関を中心に、オブザーバーとして東北農政局や東北経済産業局をはじめとした各種関係機関に参加していただき、テーマごとに最適なメンバーが揃って協議等を進めていきます。

事務局は県が担い、さらに、県、秋田県貿易促進協会、ジェトロ秋田の3者が運営委員会を構成し、ネットワークの活動をリードしていきます。

 

ネットワーク構成.png

 

■ 関連記事

1.あきた海外展開支援ネットワークの発足について(平成26年1月) 

2.あきた海外展開支援ネットワークポータルサイトについて